モンスターカレンダー

« 2010年3月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010年3月 5日アーカイブ

最近、宇都宮市役所や栃木県庁のHPを見ていると、

ちょこちょこ目にする   「道州制」



昔からの話のようだが、最近また活気づいてきたようだ。


知識がかなり浅いが、直感では良いと思うな




今の政治、政府はあまりにも漠然と大きすぎて、違う次元で行政を行っている気になる。
そして、向こうも 市民とは距離がありすぎて 上辺しか見えてないんだろうな。



互いの距離を縮めるためにも、私は良いと思うな。



色んな問題があるんだろうけど、州に立法権も与えた内容の方が大きく変わると思う。
最低でも財源の権限も動かないと、ただ都道府県の合併だけで終わっては、たいした変化はないのではないかと思う。


それぞれに強力な指導者が生まれて、活気づきそうだな☆
枠が狭くなった分、国がやっていたことを州がやり、県がやっていた事を市がする。
市がやっていた事を自治体など更に狭い地域へ落としていく。


極端な話し、栃木が 国になったら、もっと栃木住民も政治に関心をもつだろうな。




勝手な想像だけで分からないが、政府と市民のやりとりは狭い地域で行い、日本としての大きな枠では、外交問題など他国とのやりとりに集中したほうがよいと思う。



県(州)も国から予算をもらうのではなく、県内でやりくりをする 形になるのであれば、
なんか消費税アップも納得できそうかな...



なんか書きながら興味が湧いてきた。 ( いまさら!!  Σ( ̄□ ̄||) )

もう少し、詳しくみてみますかな

=================================
    多功 裕   --Hiroshi Takou--

     「颯爽と生きること」 それが理想
  颯爽  : 姿や態度、行動がキリっとしている
  http://takou.info     mail: info@takou.info
=================================

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

ウェブページ