モンスターカレンダー

 2010年1月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

人を植物に例える

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近読んだ本の中で、植物に例える言葉がいくつか目につく。
「奇跡のりんご」を育てた木村秋則氏が書いた著書でも、頻繁に出ていた


むしろ、私の中ではそれが始まりだったのかもしれない。


現在読んでいる本にも同様の言葉が書かれている



--------------------------------------------------------------------------------------------

根と枝葉は鏡の様な存在である
たくさんの枝を伸ばし、綺麗な花を咲かせる樹は、それと同等の広い根がある。
しかしその根は、通常見えないものであるが、その根がなければ花は咲かない



人も同じである


自分の想像する 「素晴らしい人間」 になるためには、その前にまず根っことなる部分を大きく育てなければならない。どうしても、目に見える部分に、 『植物で言うどんな花を咲かせたか』 『いくつ実をならせたか』 に目がいきがちだが、その前に重要なのは、 『目に見えない部分』 『つまり根っこの部分』 がどうなっているかが重要なのです。

それらを広く大きくするには、「謙虚さ、誠実さ、勇気、忍耐、勤勉」などが必要になる。

--------------------------------------------------------------------------------------------


多くの書物に同様の事が色々な例えで書かれています。
あとは、どの表現方法で自分がピンとくるか、という点がポイントですかね。

私は、「奇跡のりんご」を読んだことで、この「植物」での例えがすごくヒットしました。



読書がもたらしてくれるモノが、単にそこに書かれているものだけじゃあないんだなと、なんだか改めて感じました。

=================================
    多功 裕   --Hiroshi Takou--

     「颯爽と生きること」 それが理想
  颯爽  : 姿や態度、行動がキリっとしている
  http://takou.info     mail: info@takou.info
=================================

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takou.info/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

2010年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ